一度使ったらやみつき、キャンピングカー

キャンピングカーは動く家です。とっても便利でわくわくしますし、色々な想像を膨らませることができる乗り物です。外観は普通の車ですが、中は家そのものです。そして次のものが装備されています。トイレ、クローゼット、流し台、コンロ、レンジ、テーブル、ベット、ソファー、ロフト、テレビなどです。まさしく動く家です。次にキャンピングカーの利点を紹介します。まず、思い立ったらすぐ旅に行けます。例えば土曜日曜日に予定がなければ金曜の夜から出発できるのです。もちろん宿泊代もいらず宿の予約も要りません。宿が必要ないので、チェックインの時間を気にせずのんびり移動でます。そして疲れたり眠くなったらフラットなベットで休憩ができます。また、金曜の夜に出発するので渋滞にはまらなくてすみます。トイレは車中にあるのでパーキングに寄らなくてもよいのです。

ついでに可愛いペットもつれていけますし、車内が広いのでお互いゆったりできます。そして荷物が大量に詰め込めます。食材、布団、本、ゲーム、お気に入りの枕など沢山つみ込めます。そして、キャンピングカーは季節を問わず楽しむ事が可能です。春はお花見、夏はキャンプや海水浴、秋はもみじ狩り、冬はスキーや温泉めぐり。お花見の季節になると、春を求めて桜を観に行きたくなりますが、まだ朝晩は冷え込みます。そんな時はキャンピングカーの中で温まることが出来てうれしいものです。更に冷え込む冬はもっと役にたちます。冬のお楽しみはスキーと温泉ですが、スキー場では大変、重宝します。まず、早朝にスキー場に着いてもベットがあるのでゆっくり寝れます。トイレに行きたくなっても車中のトイレで済むので、わざわざ雪の中、トイレに行く必要がないのです。一日たっぷり遊んで疲れたら仮眠をとることもできます。そして、最も楽しめるのは夏のキャンプと海水浴でしょう。キャンプ場のサイトにキャンピングカーを止めるだけなので、テントを出す必要がありません。テントを組み立くてるとかなりの時間か必要なので、その分ゆっつくりとくつろぐ事が出来ます。のんびり本を読んだり、コーヒーを飲んだりする事も出来ます。

最後に気を付ける事として、最近はキャンピングカーを持つ人のマナーが悪いという記事を読んだことがあります。駐車場で大騒ぎをしたり、エンジンをかけっぱなしにしていたりなど、苦情が沢山寄せられているようです。そのため。ある有名なパーキングでは夜間の駐車を禁止しているそうです。マナーを守って楽しい旅を楽しんでほしいです。