キャンピングカーでの宿泊は指定の場所で快適に

キャンピングカーでの宿泊はテントを利用しての宿泊に比較するとはるかに快適です。テント利用でのキャンプは設営も苦労しますしその寝心地も快適とはいえません。蚊などの害虫の心配も発生しますがキャンピングカーならば一応は密閉されている空間の中での宿泊ですから気分的にも安心感があります。しかし、通常の一般的なキャンプ場は指定の場所以外は車の駐車は不可能であり駐車場もキャンプに快適な場所にあるとは言い難い場所にあります。そうなるとキャンピングカーでのキャンプ生活は駐車場で行うことになり、当然、車近辺での野外でのキャンプといえる活動は不可能ですから車中での調理や食事、宿泊となり開放感も無くアウトドアの醍醐味もあまり享受できません。観光地などでキャンプなどの活動を行わないで単純な宿泊のみならばキャンピングカーのみならず普通の車でも車中泊の可能な場所もありますので無断で駐車や車中泊するのではなくその場所の管理者などに尋ねることが必要です。

ここ数年の傾向としてキャンピングカーなどで利用するためのオートキャンプ場などの施設が全国的に整備されてきました。このような施設は有料となりますが各種の設備も豊富で水道、電気なども使用可能で利便性のある施設になっています。野外での調理や食事などの活動も可能でアウトドア気分も堪能できます。当然車中での宿泊も安全、快適であることは申し分ありません。車でのキャンプ活動を行うのであれば最も推奨できる場所と施設のひとつです。料金が不要でキャンピングカーで宿泊可能な場所として高速道路のサービスエリアの駐車場とか一般道では大規模な駐車場を有する道の駅などの駐車場があります。しかし夜間には駐車場も閉鎖するなどの場合もあり、車中泊は禁止されている場合もあるので注意が必要です。やはり管理者などに事前に尋ねておく必要があります。このような施設では売店やトイレもあり車中なら調理も食事も可能ですし当然車中泊も可能なので困窮することはありません。但し車外での調理などの活動は不可能でしょう。ごみを出すのも最小限にして人に迷惑をかけない様注意する必要もあります。高速道路のサービスエリアの駐車場が混雑している場所では車中泊は他のお客さんに迷惑となるのでそのような場所では当然遠慮する必要があります。

キャンピングカーでの長旅は車の車体も大きく運転も気を使いますので無理な運転をせずに休憩などをしながらゆっくりと安全に走行することが大事ですしそれが楽しみでもあります。